商品紹介

日本一の湖 琵琶湖の鮎

日本一の湖、琵琶湖には陸封された鮎が多く生息しています。
琵琶湖の鮎は、8月の終わりから10月にかけて、年間100億粒以上の産卵をし、孵化した仔魚は、12月頃まで、岸から近い浅瀬で動物プランクトンを餌にして育ち、12月下旬から冬の寒い間は琵琶湖の少し深いところへ移動して春を待ちます。琵琶湖の鮎は、10cm程しか成長しないため「小鮎」と呼ばれており、一般に言う鮎は、川へ遡上し、意思に生えている藻類(苔)を食べ20cm以上の大きさになります。
琵琶湖産の天然鮎の特徴としては海産鮎に比べて、体高がやや高く鱗がきめ細かで姿形が美しく味や香りが良いことで知られています。
鮎は、アジアでは「香魚」とも呼ばれ、高級魚として人気の高い川魚です。
12月から3月初めに捕れる鮎の中で体が透き通っている鮎を「氷魚」と呼び、特に、12月から刺し網漁等で採捕された初春ものは「若鮎」と呼ばれています。琵琶湖では、4月以降の春本番から8月20日まで鮎「小鮎」漁が行われます。
季節々により味が変わる魚でもある鮎、氷魚から初秋の頃の鮎をぜひ一度ご賞味ください。

活 鮎

河川放流用(琵琶湖産・人工産・九州産)

琵琶湖産
琵琶湖産鮎は、姿形が良く縄張り性が強く低水温時にも良く釣れる友釣りに適した種苗。
※琵琶湖産鮎は平成19年6月に地域団体商標登録(地域ブランド登録)されました。
人工産
(1)琵琶湖産鮎を親鮎としたもの。
(2)木曽川水系に自生する鮎を親鮎としたもの。
(3)海産系の累代の鮎を親鮎としたもの。
九州産
(1)ダム湖産
(2)海産
加温用ボイラー設備
河川放流用の湖産種苗における冷水病の発症を抑える為、弊社では出荷前の湖産種苗に対しボイラーを用いた加温処理を行っております。
25℃で1日半、28℃で36~48時間の加温処理を行います。
加温中に斃死する個体はおりますが、生き残った健康な個体が皆様の河川へと放流されます。
※当社は、4年前から全種苗に冷水病対策と して、加温処理を実施しております。

種苗用(琵琶湖産・人工産)

種苗用人工産の様子
琵琶湖産
湖産種苗は年間約、1,400万尾(12月に600~700万、1~8月に約600万尾)を集荷致しております。
これらの種苗は河川放流用が主ですが、そのまま成魚にしたり、加工商品(佃煮)などにも用いております。
人工産
人工種苗は毎年試行錯誤を繰り返し、湖産・海産、継代・天然など様々な親魚の組み合わせにより、よりニーズに合わせた生産を心がけております。
孵化・初中間育成は愛知県の伊川津池にて行い、年間約1,600万尾を生産しております。

鮮 鮎

市 場 出 荷 用

市場出荷用
全国の市場へ出荷
弊社では、各養魚場にて育成した成鮎の市場出荷を行っております。
3月末~8月20日まではレギュラー成魚を約100~120t、8月20日~10月末までは子持ち成魚を約30~40t生産いたしております。
これらの商品は、大手仲卸を通じ全国の市場へと出荷されています。

また、和歌山分場で生産されております鮎は、紀州の梅エキスを配合した餌を与え、育成したブランド鮎“和歌山 うめあゆ”としてご好評いただいております。
妥協なく味を追求してきた鳥塚の鮎を、ご賞味いただけましたら幸いでございます。
お問い合せフォーム